イラストレーターになりたい三毛猫のミッチ。

ベテラン画家のサンジロー師匠に弟子入りしています。

師匠は、


絵を描くとき真っ先に考えるのはアイレベルだと言います。

・・・アイレベルって何?!


第4話

パース解説マンガ07

パース解説マンガ08

第5話につづく

こんにちは、イラストレーターのかんざきかりんです。

今回からやっと解説マンガぽくなってきました^^

パースは背景を描くときだけに必要?

パースというと、背景を描く時に必要なもの、

というイメージがないでしょうか?


でももちろん、キャラにも関わる法則ですよね。

パースを学んで、背景の中に自在にキャラを配置したい!

できるようになってほしい。

(そして有能なアニメーターが増えてほしい・・・←密かな願望)

というのが目的なので、今回は

キャラもパースと無関係じゃないよ、大アリだよ!

っていうのをひとつ、覚えていってください。

キャラを背景のパースに乗せるために

↑漫画の解説のように、

アイレベルがキャラ上になくて

キャラのはるか上だったり下だったりした時に

見下ろした絵、見上げた絵になるのは

当たり前で、わかりやすいかと思います。

でもアイレベルがキャラ上にあっても

アイレベルから離れた位置にある部分は

だんだんと見上げたり見下ろしたりの角度が大きくついてきます。

(カメラが望遠レンズだとかなりフラットに見えますが

それについてはまたのちほど!)

こういうのは、わざわざ学ばなくても

上手い人って自然に描いちゃってるんですよね。

私は、理屈を理解してからとても描きやすくなった人なので、

同じような経緯をたどる人がいるといいな〜と思って

今回は描いてみました。

補足☆アイレベルと水平線・地平線の謎


師匠がアイレベルを「水平線ともいうね」と言っています。

教える方によっては、あるいは国によっては?

水平線と言ったり地平線と言ったりすることもあるかとも思います。

(特に調べてないですが、見聞きするような気がして)

先に言ってしまえば

呼び方はなんでもいいのです。

誰かに説明するために何か名前をつけないといけないわけで

要は「描き手の目の高さ」という理解で良さそう。

何か基準を作ると描きやすいから便利、

パースはそういう道具ですよね。

三毛猫スタンプ

で、余談ですが、目の高さのことを

なんで水平線といっても差し支えないかというと

地球はとても大きくて、私たちはとても小さいからかなあと思います。

私たちがしゃがもうが、屋根の上に上がろうが、

はるか彼方の地平線(水平線)の位置はたいして変わって見えませんよね。

多分、高層ビルの上だとしてもそんな変わらないかも。

大気圏を出たら変わりそうです(笑)

でも宇宙舞台の作品の絵を描いている時に

「水平線」といったら間違い、なんて意味ないですよね。

だって絵を描くための基準なんですから。

呼び名はどうでもよくて、

基準になるラインを意識しましょう、というお話でした。

次回は背景をからめてアイレベルを説明したいと思います。

お楽しみに。

三毛猫 キャラクター

★☆★フォローお待ちしています★☆★
・かんざきかりん Twitterアカウント@karinkanzaki
・かんざきかりん Facebookページ イラストレーターかんざき かりん