こんにちは、イラストレーターの かんざき かりん です。

最近、デジタルでも風景のイラストを描くようになってきました。
パースがきっちりしてる必要があるときは便利ですよね。

ソフトはセルシスさんの「CLIP STUDIO PAINT PRO」を使っています。
↓これです~、お世話になっております!

今日は先月仕上げたイラストの着彩の過程をご紹介します。
定年退職のお祝いでしょうか、豪華客船の旅♪

シニアイラスト01

着彩前

線画の清書が終わったところです。
まず、人物に背景の色が透けないように、白でマスクしました。
下書きは色鉛筆で手描きして、スキャナーで取り込んでいます。
納品する原稿サイズより少し大きめに描きます。

 

シニアイラスト02

背景を塗りました

遠景の夕焼け空と海、船のデッキを塗りました。
筆ツールの透明度をいじって、水彩のように塗っていきます。
近景の船の一部は、やはり白でマスクします。
人物のレイヤーは邪魔なので非表示にしてあります。

シニアイラスト03

デッキのプールを塗りました

近景の船の建物部分と、プールに色を着けました。

 

シニアイラスト04

人物の着彩中

人物を表示して、色をつけていきます。
服の色はとっても悩みます。全体とのバランス、二人のバランス、
若すぎず老けすぎず。。。

 

シニアイラスト05

他の人物、背景の細かいところを塗りました

他の人物の色は目立ちすぎないよう、でもわかりやすく、
メインの人物と同じにならないように気をつけます。
照明の光をつけて、デッキにテーブル&チェアを描き足しました。
ウェイターさんにタイピンつけました。

 

シニアイラスト06

空に雲を入れて完成

空に、奥行きが出るように雲を入れました。
絵の周囲をぼかして、完成です。

このイラストは長寿社会開発センターさんの季刊冊子「PORTA」の
今年の夏号に掲載されます。まもなく発刊です。